事例のご紹介case

ギヤーポンプ加工のタクト短縮を実現!

ギヤーポンプ加工のタクト短縮を実現!

ギヤー加工時のタクト短縮を実現!

ギヤーの加工を行う場合は2ヘッドドライブ方式(特許取得:特許第6175159)で、

主軸外径とギヤー端面を同時加工することにより、大幅なサイクルタイムの短縮を可能にしました。

※ギヤー端面を加工(面取り効果)する事により、急停止等で発生するスラスト方向への圧力を低減させ、

ギヤーを破損から守ります。

装置の説明ビデオをご覧下さい

品質については、下記動画をご覧下さい

逃がさない、偏心シャフトもお任せ!は ここをクリックして下さい

フィルムラップ加工ってなに? はここをクリック下さい